company

株式会社イー・カムトゥルー

060-0051

北海道札幌市中央区南一条東1丁目3番地

パークイースト札幌ビル

011-271-4761(平日9:30-17:30)

csm@e-cometrue.com

Win-Board

飲食店の重要な指標である「売上」「人件費」「食材費」をPOSシステム等と連携して自動収集し、日次決算を簡単に行える「飲食店向け日次決算プラットフォーム」を提供しています。

© 2019 E-ComeTrue Inc. All Rights Reserved

​Case Study Report .03

安心できる数値管理のもと
「非日常」をリーズナブルに
私たちは尖った企業であり続けます

株式会社ラックバッググループ

荻野准一様

婚礼のできるレストランなど、付加価値の高い店舗を展開する
株式会社ラックバッググループの荻野様に、Win-Boardのご利用状況を伺いました。

直営店14店舗

店舗数

Oriental Beach/GINGER‘S BEACH/BUSHWICK BAKERY&GRILL/The Meat & Labo等

店舗業態

2016年2月

導入時期

東京/神奈川/埼玉/北海道

所在地

レストラン経営・店舗プロデュース等

事業内容

正社員96名/契約社員2名/アルバイト181名

従業員数

創業の経緯について

いつもと違う料理や雰囲気に触れてもらいたい

「非日常体験を日常に」をテーマに、いつもと違う料理や雰囲気に触れていただきたい、これが私たちのコンセプトです。
現会長の河本が前職で、とあるオシャレなカフェを任されていたころ、結婚式の二次会を取り入れて売り上げを爆発的に伸ばしました。そこで出会った人たちとの関係が、今の会社をつくる基盤となりました。知見をくれたウェディング会社さんとは、今でも同一会社のように仕事をしています。

ともに会社を立ち上げた斉田社長もその当時の常連客の一人でした。会長がセンスや表現の部分に強いのに対し、社長はITや、不動産・財務に詳しい。二人が車の両輪となり、業績を伸ばしてきました。そしてITを導入することで、従業員にとっても働きやすい環境をつくってきたのです。

店内はそれぞれのテーマに合わせた空間に

導入前の課題について

正確なデータ管理のために

実は、他社で新しいシステムを開発したというので新規オープンの店舗で使ったところ、非常に不安定でひどいことになってしまいまして。

それで、新しいものを探していたところ、御社のWin-Boardをご紹介いただいたのがきっかけです。

何社か検討した中でも使い勝手がよさそうでしたし、それまで使っていたシステムが問題なく使えること。そして何より、正確なデータ管理ができそうだということで、導入することを決めました。
個人的には、Macの環境下で見ることができるのもいいと思いました。

「帳票の活用」

Win-Boardは欲しい数値を出してくれるので、ある程度エクセルなどのスキルがあれば、CSVで落として自分好みに展開できるところがいいですね。
会社全体としてはまだ売り上げを見る程度で、分析するのはITに強い店長か僕か、経理にとどまっています。しかし今後は「こんな帳票を作っています」というのが自動で出て、スタッフみんなに見てもらえるようにできればと考えています。

導入の効果について

ひと手間掛けて数値を確認

僕は全店の売上をWin-Boardからエクセルに移して展開しています。その作業をすることで、たとえ5分でも売上を確認することができるわけです。自動化が進んで便利になるのはよいことですが、自動化ばかりが進んでしまうと、中身を意識しないで営業することもできてしまう。その点では表裏一体といえますね。

「数値の意識はモチベーションの向上に」

数値をしっかり見る意識付けを、今後はより一層やっていかないといけないと思っています。逆に、その意識付けができれば、求める回答がWin-Boardからすぐに導き出せるところはありがたいです。
そのためにも、何かアクションにつなげるような工夫があるといいですね。
例えば、今はマンパワーでやっている「目標達成できた店舗」の発表をWin-Board上で行い、達成できたところに赤いバッジが出てくるよう
にするとか。そうすれば、数値を見に行こうという意識が出てきますし、チームビルドができ、モチベーションもいっそう上がります。
併せて、スタッフがどんな環境でも見られるように、引き続きさまざまなデバイスに対する最適化もお願いします。
既読・未読がわかると、なおうれしいですね。

「最後に御社のPRをお願いします」

私たちの売りたいのは時間です。日ごろのストレスを忘れられる、贅沢な時間を過ごしていただきたいと、5時間滞在していただけるお店を目指しています。単に食事やサービスを提供するだけでなく、その先を見据えているのです。
例えば、キャンドルライトの柔らかな光の中での時間が、アジアンリゾートの夜のテラスを彷彿とさせる。例えばお店のエントランスで、ふわっと良い香りが感じられ、あの時の思いがよみがえってくる。そんな体験をしていただきたいのです。
お店のそれぞれの世界観を大切にしながらも、今後はスパやマッサージといった、時間をキーワードにした横の展開も意識していこうと考え
ています。私たちはこれからも、もっともっと尖っていかなければと思っています。
贅沢な時間をリーズナブルに楽しんでいただくために、しっかりとした日々の数値管理は欠かせません。
今後もWin-Boardに期待しています。

海外リゾートを彷彿とさせるオリジナルメニュー