​Case Study Report .04

イコン株式会社

ブランドマネージャー/平林孝一様 スーパーバイザー/向拓也様

お客さま満足のため、経営を科学する
その核となる日次管理が
楽になるのはうれしいです

「お客さまの喜びが成長の目印」というイコン株式会社様。
近畿地方を中心に16ブランドを展開しておられます。
今回は、平林様、向様に、Win-Boardのご活用について伺いました。

店舗数

現在直営32店舗

店舗業態

居酒屋・ビアダイニング・カジュアルイタリアン・
チーズ・海鮮/肉炉端等16ブランド

導入時期

2013年6月

所在地

大阪/京都/兵庫/奈良/滋賀/和歌山/三重/岐阜

事業内容

飲食店経営

従業員数

社員数70名/アルバイト数700名

導入前の課題について

手入力によるミスと確認作業の日次管理

Win-Board導入までの日次管理は、かなり面倒なものでした。店舗ではジャーナルデータを見ながら手打ちで日次管理表を作っていましたが、人によっては毎日30分ぐらいかかっていたのではないでしょうか。
管理側はそれをもとに営業の状態を見るわけですが、ここで問題になってくるのが、数字の打ち間違いがあるということ。本部が再度確認しなければいけないので、店舗で数字を打っている意味が分からなくなってくるんです。

管理側の作業もたいへんでした。勤怠管理と受発注と売上管理を全部バラバラに管理していましたので、いろんなものを引っ張ってきて、エクセルで一つの帳票にするという作業をやっていたからです。

「導入のきっかけを教えてください」

実は、私はもともと社長の前身の会社でフランチャイズのシステムを使っていました。一つボタンを押せば、仕入れから人件費、受発注関係、売上データなど、全部が出てくるものを知っていました。

そこから離れてからは、アナログでなんとかやりくりしていたものの、店舗が増えて20店舗になった頃には「そろそろまずいな」と思いはじめたのです。
ちょうどその頃、POSレジの入れ替えをしようということになりました。その契約先の会社さんに「全部のデータを結び付けられるところを教えてほしい」といって紹介されたのがイーカムさんです。
検討した結果、「これなら全てのデータを引っ張ってきて統合管理できる」ということで、Win-Boardを導入することになりました。今から5~6年前のことです。

地域や立地によりターゲット層を設定し店舗を開発

導入の効果について

手間が減り管理業務も統合できて効率アップ

特に店舗管理者の手間がかなり減っていると思います。本部の管理業務も、売上、勤怠、受発注とバラバラに回ってたものを統合できたことで、効率が格段に上がりました。
導入してしばらくたちますので、今ではこの状態が当たり前という感じになっていますが、振り返ると、以前の業務はかなり大変だったなと思います。

「一つの指標のもとで話し合えるように」

会議などへの影響も大きいです。かつては各管理者が、それぞれ別々の資料を持ってきて話すので、同じ指標で話し合えていないという状況がありました。
Win-Boardを入れてからは、皆が同じ軸でそろえられた情報を共有でき、同じ尺度で議論ができるようになった。そこは良かったと思っています。
もちろん、アナログ表現のよさもあります。そこをどれだけ細やかにケアしていただけるかというのも、現場が求めているものですね。

Win-Boardに期待すること

飲食業界の課題であるロスの削減

元々このシステムを入れるときにもう一つ、自動発注ができるようにしたいというのがありました。理論原価と実原価の差異を見える化したかったのです。
ABC分析など、さまざまなデータをミックスして、商品ごとにその差異がどれだけ出ているかが分かるようになればベストですね。それには他のPOS会社などのシステムと紐付けする必要がありますので、1社ではできない話なのですが、このあたりをイーカムさんにはお願いしたいと思っています。これは飲食の一番大きな課題ですので。
経営はやっぱり、数字を見て科学しないといけないと思うのです。ABC分析もその一つ。店舗の時系列の細かいデータなどをどんどん実装していくことができれば、論理的で科学的な経営をみんなができるようになるはずです。われわれは、そこを目指したいと思っています。

「導入をご検討中の方に一言お願いします」

現場では何かと定性的に見がちですが、定量的に毎日細かく見ていくことも必要です。ふわっと思っていたものが定量的にカチっとあらわれたとき、「ああ、面白いな」と思えるのではないでしょうか。その核として存在しているのが日次データです。Win-Boardを使うことでその管理が楽になるのは、とてもメリットが大きいと思います。

「最後に御社のPRをお願いします」

われわれの求めるのはお客様感動。この思いがあるからこそ数字もついてきます。われわれに強みがあるとすれば、お客様のことを考え、それを自らの成長の目印にしていること。お客様に喜んでいただきたくて多くのブランドをつくりました。しかし、一番大切な部分を置き去りにしてまで規模の拡大は目指さない。そこは社長も大事にしているところです。
われわれは定量的にも決して弱くない、むしろ強いほうだと自負しています。しかし、「本当の強みはそこじゃない」と言える、そんな企業になりたいと思っています。

​お客様に喜んでいただけるようなブランドを目指す

資料請求

必要事項記入の上、お申し込みください。

お名前

必須

メールアドレス

必須

会社名

必須

電話番号

必須

都道府県

必須

arrow&v

Win-Boardを知ったきっかけ

具体的なご質問などございましたらご入力ください。

ご入力頂いた個人情報は、「プライバシーポリシー」の記載に基づいて適切に管理します。
プライバシーポリシー」に同意の上、「資料請求する」ボタンを押してください。

company

株式会社イー・カムトゥルー

060-0051

北海道札幌市中央区南一条東1丁目3番地

パークイースト札幌ビル

011-271-4761(平日9:30-17:30)

csm@e-cometrue.com

Win-Board

飲食店の重要な指標である「売上」「人件費」「食材費」をPOSシステム等と連携して自動収集し、日次決算を簡単に行える「飲食店向け日次決算プラットフォーム」を提供しています。

© 2020 E-ComeTrue Inc. All Rights Reserved