top.jpg

​Case Study Report .12

集計作業時間が大幅に削減。
業務の集約で効率化を図っていく。

株式会社榮林

専務取締役 荒木 榮子様
総務部 内田 大介様

「世界中の食文化をもっと身近なものに」と多業態の店舗展開をされている株式会社榮林様。
勤怠管理の効率化を目的にWin-Board導入後のご活用状況について伺いました。

店舗数

14業態34店舗

事業内容

飲食店の経営

店舗業態

焼肉名菜福寿/インドカリーダイニングCobara-Hetta
カジュアルフレンチレストラン Cobara-Hetta など

導入時期

2016年8月

所在地

東京/埼玉/神奈川/北海道/京都

従業員数

450名

創業の経緯について

韓国料理を日本の食文化に広げたい

代表が肉の卸売や販売をずっとしていて肉の部位を相当勉強したので、肉に関連する商売、特に焼肉をやりたいと思っていました。焼肉を中心として、韓国料理をもっと日本の食文化に広げていきたいという気持ちから34年前に高田馬場で焼肉店を始めました。

「焼肉×韓菜」の手作り専門店 福寿

導入前の課題について

人件費管理に時間が掛かる

以前は勤怠管理はタイムレコーダーと電話回線がセットになったシステムを使っていました。店舗の実績を吸い上げるのも時間がかかってしまって、リアルタイムに確認することができない、というのが悩みでした。タイムカードならではの話ですが、いろんな不正行為もしやすくて、限界を感じていました。また、FLコストの管理をうまくやりたいと思っていて、フードは受発注管理システムを導入したのでよかったのですが、人件費管理に課題があり、何か良いシステムは無いかと探していた時に営業でいらっしゃったのがWin-Board導入のきっかけです。

導入後の効果について

作業時間が月10時間以上短縮

今までは、従業員たちの人件費は店長が手計算で把握していました。店舗では1日がどれくらいで10日分だといくらか、というのを算出して本部に報告したり、経理の方ではタイムカードを回収して全部集計して算出していました。Win-Board導入後は毎日の締め作業の時に、売上がいくらだったのか、人件費がいくらだったのか、それによってL率(人件費/売上)が何%以下だったのかなどがデータを入力するだけですぐに出てくるので、レジを締めたあとの集計が早くなりました。それにより店長の日々の作業は毎日30分くらいは削減できています。1日30分だから22日働いたとして11時間。店舗、本部どちらも月間10時間以上は作業時間の短縮ができていますね。集計にかかる時間が減り、各店舗のデータもすぐに確認出来るようになったので、日次管理がリアルタイムで出来るようになりました。

「業務の集約により管理しやすくなりました

受発注管理システムとの連携も行えるので在庫管理に関して管理作業が減りました。注文から納品、検品、請求書に到る全ての過程をチェックできる機能がついているので、マンパワーが削減でき、本来なら経理があと二人位必要なのを使わないで済んでいます。

人件費はバーコード管理をしているんですけど、勤怠管理から給料の支払いまでバーコードで一括管理が出来るようになり凄く活かされていますね。他店舗支援に行くこともあるのですが、一人の従業員が、A店舗やB店舗で何時間働いたかというのもすぐに把握できるようになりました。
勤怠管理だけではなく売上管理やスケジュール管理、社内稟議、店舗への通達事項もWin-board内で出来るようになったので、業務をある程度集約することができ、業務の効率化が図れました。毎日、日報を書いてFAXで本社に送るという作業もWin-boardの中で完了することができるので、ペーパーレス化にも繋がりました。またiPadで見るようになったので、いつでもどこでも見ることができます。

今後の展望について

デリバリーやSNSの宣伝に力をいれたい

コロナ禍で各店舗でテイクアウトを始め、自前で宅配をやっている店舗もありますし、今後はデリバリー会社との提携も考えています。今後はSNSでの宣伝にも力を入れていきたいです。私たちは今まで「手作り」にこだわってやってきました。例えばタレや冷麺のスープ、純豆腐チゲやカルビラーメンのスープも全て自家製なんですね。インドカレーも16種類のスパイスからこだわって工場で作り、フレッシュなものを毎日店舗に届けていますし、新しく手作り餃子専門店もオープン予定です。全部自分達で作っている、添加物がほぼ無いという点が私たちの強みかなと思います。ちょっと真面目にやりすぎなのかもしれませんけど、これからも手作り感には徹底的にこだわっていきたいです。

社内のアイデアから新業態も

資料請求

必要事項記入の上、お申し込みください。

お名前

必須

メールアドレス

必須

会社名

必須

電話番号

必須

都道府県

必須

arrow&v

Win-Boardを知ったきっかけ

具体的なご質問などございましたらご入力ください。

ご入力頂いた個人情報は、「プライバシーポリシー」の記載に基づいて適切に管理します。
プライバシーポリシー」に同意の上、「資料請求する」ボタンを押してください。

company

株式会社イー・カムトゥルー

060-0051

北海道札幌市中央区南一条東1丁目3番地

パークイースト札幌ビル

011-271-4761(平日9:30-17:30)

csm@e-cometrue.com

Win-Board

飲食店の重要な指標である「売上」「人件費」「食材費」をPOSシステム等と連携して自動収集し、日次決算を簡単に行える「飲食店向け日次決算プラットフォーム」を提供しています。

© 2020 E-ComeTrue Inc. All Rights Reserved